インポート・エクスポートでファイルを作成

PAFファイルを作り直したい時、例えば、

1.直系先祖がわかりやすいようにRIN順番を入れ替えたい時
2.2つ以上のファイルを1つに合わせたい
3.自分や子供など特定の人をRIN番の1番にして、ファイルを作り直したい時

インポート・エクスポート機能を使うと便利です。

店内イメージ

 


ファイルを新規作成

まず、ファイルを新規作成するときと同じように、作成者自身、もしくは、子供のように1番にしたい人を入力します。

直系先祖の名前、性別を入力します。 ファイルの新規作成を参照

新しい名前をつけて保存をします。ここでは、坂上真理子 としました。(1~7まで入力)

個人画面でみると、下記のようになっています。

 


移したいファイルを、エクスポート

移したいファイルを開き、絵ボタン「エクスポート」をクリックします。
○PAF5 ○すべてに「・」が付いている事を確認し、「エクスポート」をクリックします。

 

基本設定のフォルダーで設定した、ファイル名を入れる画面が出てきます。

エクスポートしたDEDCOMファイルが分かれば良いので適当に名前を入れてください。
名前のみとか、頭文字とかetc。ここでは 坂上真理子 といれました。

料理イメージ


「GEDCOMエクスポート」画面に変わり、エクスポートしましたと出てきますので「OK」をクリックします。

 

これで、エクスポートのファイルができました。


新規作成したファイルにインポート

新規作成した、坂上真理子のファイルに、さきほど、エクスポートしたファイルをインポートします。

インポートする前には、必ず、バックアップを取っておいてください。
作業手順を間違えても、やり直すことができます。

坂上真理子のファイルを開き、個人画面にします。(インポートがわかりやすい)

絵ボタン「インポート」をクリックすると、「GEDCOMファイルをインポート」と言う画面が出てきます。
そこに先ほどエクスポートしたファイル名(坂上真理子)を保存先より選択します。

食材イメージ


「インポート」をクリックすれば、データが新しいファイルに入っていきます。
全てに、チェックを入れて、「OK」をクリックします。


メモが表示されますが、削除しても構いません

8~271まで、インポートされました。

 


重複した個人の融合

1~7まで、新規ファイルに入力したので、インポートしたファイルのデータと重複しています。

そこで、融合が必要です。 重複の融合 を参照

個人画面のフルネームをクリックすると、同姓がまとまって表示されます。


1ー8、4ー16、2ー73・・というように、1~7までの重複している番号をメモします。

1から、順に融合していきます。

右に保存したいデータ、左に重複する個人を表示します。
必要な項目にチェックを入れます。


融合をクリックしたら、左の検索で、2を表示させ、右の検索で73を表示させて、融合します。
これを繰り返して、7まで融合します。最後に、系図画面にして、リンクできているか確認します。

ここでは、第3世代までの直系を入力しましたが、わかる限りの直系先祖を入力してからこの作業をすると、直系先祖が番号順に並び、謄本の番号と一致するので、検索しやすくなり効率よく作業ができます。

必ず元のファイルのバックアップを取っておいてから、インポート、エクスポートを使って、効率のよいPAFファイルを作成してください。

次は、PAF5.2の印刷機能について説明します。

戻る >    < 次へ