(P)重複の融合

入力やインポートしたとき、「個人」画面で、同一人物が重複していることがあります。
この場合、削除するのではなく、「融合」 をしましょう。

メニューバーの「ツール」か、絵の2人が一人に重なっている絵ボタンをクリックします。

店内イメージ


下のようなダイヤログが出てきます。間違えて融合した場合、元に戻れないので、先にバックアップを取っておきます

 

①②のカ所にチェックを入れます。
の「詳細」をクリックすると、右の画面が表示されます。チェックを確認してから、「OK」ボタンをクリックします。
左画面にもどりますので、「OK」をクリックします。


例  柴崎多計さんの照合・融合

料理イメージ


「個人情報の融合」画面がでますので、最初の個人の「検索」をクリックします。
「検索個人」で一番小さい番号「13」を入力して、「OK」をクリックします。


左の欄に「13」の情報が表示されます。

「次の照合」をクリックすると、右の重複する個人の欄に、2番目に小さい番号「95」の情報が表示されます。
  表示されない場合は、検索をクリックして、「検索個人」画面で「95」を入力しましょう。
同一人物であることを確かめてから、「融合」をクリックします。 間違えても元にはもどりませんので注意してください。 


「95」の情報が「13」に付け加えられました。
  配偶者の名前「柴崎尚善」が2つになっていますが、「柴崎尚善」を融合すれば1つになります。
「次の照合」をクリックすると、右の重複する個人の欄に、3番目に小さい番号「97」の情報が表示されます。
「13」にはなかった新しい情報、親子の結び固めの日付があるので、チェックされています。
間違いないことを確認したら、「融合」をクリックします。

柴崎尚善も重複していますので、「融合」します。

融合したRIN番号は欠番になります。次に入力した人が欠番のRIN番号になります。

次は、個人の情報源の入力の仕方です。

戻る >   < 次へ