(P)個人の情報源の入力


先祖の謄本や過去帳、家系図などの資料の種類、出所などを「個人の情報源」入力しておきましょう。

例:  鈴木又は山本尚善 の 除籍謄本を入力

1.鈴木又は山本尚善 の 「個人の情報の編集画面」を開いて、右下の「個人の情報源」のボタンをクリック

店内イメージ

 

2 リストに情報源があれば、選んで「選択」をクリックしますが、ないので、「新規」をクリック

 

3 「情報源の編集」で「情報源のタイトル」に 鈴木尚善 除籍 と入力し、「記録保管所」をクリック

 

4 「記録保管場所を選択する」で 該当の場所がないので、「追加」をクリック

 

5  「記録保管所」に名前、住所、電話番号を入力するのですが、日本語変換がスムーズにいきません

  そこで、メモ帳(すべてのプログラム→アクセサリ→メモ帳)に必要事項を入力しコピーして、「記録保管所」に貼り付けます。。

 


「OK」をクリックすると 「記録保管場所を選択する」画面にもどります。

6.「津山市役所」になっているのを確認してから、「選択」をクリック


7.「記録保管所」、「脚注例」に、鈴木尚善 除籍・津山市役所・住所、電話番号の表示を確認してから、「OK」をクリック

 

8.リストに、「鈴木尚善 除籍」を確認して、「選択」をクリック


情報源を直す時は「編集」を、誤って別の情報を選択してしまった時は「削除」をおします

9.「情報源」の「引用1」に「鈴木尚善 除籍」が登録されました。これで終了なら「OK」をクリック。


他に情報がある場合や新しい情報が出てきたときは、「新規」をクリックして、2~9を繰り返し、「引用2」「引用3」と作成します。

10.「個人の情報の編集」画面で○をクリックすると、「情報源を見る」が表示

 

次は、注釈の入力の仕方です。

 

戻る >    < 次へ