PAF5.2とは?

 

「個人の先祖ファイル」(Personal Ancestral File 5.2)の略

「個人の先祖ファイル」(Personal Ancestral File 5.2)は、オフラインで系図情報の記録,管理の支援をする画期的なツールです。
ファミリーツリーのようにインターネットに接続しなくても、ソフトをインストールすれば使うことができます。

PAF5.2の基本設定をしてカスタマイズすれば、謄本から掲載されているすべての人々の家族情報を入力し、家族の記録を作成・保存することができます。

以前は、儀式カードを作成するためにpaf5.2を使っていましたが、ファミリーツリーが導入されてからは、PAF5.2を使うことが終了しました。
そこで、教会のサポートが無くなりました。そのため、PAF5.2は時代遅れ、今はファミリーツリーだから使用することさえだめだと誤解されています。

しかし、家族歴史の完成図を作るには、PAF5.2に代わるものは日本にはありません。ファミリーツリーではできないのです。

PAF5.2をマスターすれば、家族歴史記録だけでなく、個人の日記や写真、音声、ビデオ等、覚えの書も作成できます。
私は、集めた謄本からPAF5.2を使って、5400名もの名前を見つけることができました。儀式はすでに3000人以上終了しています。

まず、PAF5.2に情報を入力し家系図を完成させてから、ファミリーツリーと照合しながら作業を行うと効率的で、漏れもありません。ぜひ、お使いください。

PAF5.2のインストールは、以前配布されていたCDから行うことができます。
お手元にCDがない場合は、プログラムをメールに添付して差し上げますので、お問い合わせフォームからお願いします。

注意!
*PAF5.2はwindowsのソフトで、Macでは使えません。
*windows7までは動作確認できていますが、windows10では使えないパソコンの機種があります。


ファミリーツリー とは?

ファミリーサーチはアメリカユタ州にある世界最大の系図組織です。末日聖徒イエス・キリスト教会は主要な後援者です。

毎年何百万人もの人がファミリーサーチの記録,リソースおよびサービスを利用して,自分の家族歴史について詳しく学んでいます。

無料アカウントを取得して、サインインすれば、ファミリーツリーを使用できるようになります。
ファミリーツリーは,系図をオンラインで保存する簡単な方法です。

次に、ファミリーツリーとPAF5.2の違いについて説明します。

 

戻る >   < 次へ