先祖表の印刷

先祖表は2種類、印刷できます。


先祖表の印刷(標準チャート) *印刷例

先祖表は系図表とに似ています。 通常,個人の直系の先祖が多く表示されます。
それぞれの個人についての情報は多くはありません。

標準チャートで印刷の場合


「先祖」タブをクリックします。右下に形式が表示されています。 

の「ヘルプ」をクリックすると、[先祖表の印刷]について詳細な説明があります。
ここでは、簡単な説明をしますので、後は、「ヘルプ」を参照してください。

「プレビュー」をクリックすれば、印刷内容を確認できます。
「ページ設定」で縦、横が選択できます。縦が見やすいです。

前の画面で青くなっていた人が最初の人になります。
別の人を選択したければ、「検索」 をクリックします。 リストにチェックすれば複数の家族グループの印刷ができます。
RIN番号が分かれば,それを入力して,「OK」をクリックします。
わからなければ、「個人リスト」 または「子孫リスト」 をクリックして個人を探してください。「プレビュー」で確認
チャートの種類は、標準のままでいいです。

チャートのオプションで、印刷したい情報をチェックします。余り多くないほうが見やすいです。「プレビュー」で確認

他の情報が必要なときには、はここをチェックしておきます。「プレビュー」で確認

ここをチェックしておくと、印刷ボタンをクリックすれば、保存先を聞いてきます。
保存は、Word文書でされます。テキストファイルとリッチテキストフォーマットファイルを使うことができます。
この ファイルをEメールでほかの人に送信することもできます。

確認が終わったら、このボタンで印刷が開始されます。チェックがあると保存されます。


先祖表の印刷 (ウォールチャート)印刷例

ウォールチャートで印刷の場合は、チャートの種類で、ウォールチャートを選択します。

料理イメージ


名前だけで設定すれば、7世代までは先祖の名前が省略されずに表として印刷できます。(項目に何もチェックをしない。)

「フォント」ボタンで好きな書体が選べます。各項目を選んでください。お勧め(MSゴシック)
「ページ設定」は 横を選択します。

次は、子孫の印刷について説明します。

戻る >    < 次へ