(P)スクラップブックの印刷

個人の入力画面で保存した写真を、アルバム風に印刷できます。


スクラップブックの印刷  *印刷例

鈴木太郎のアルバムを印刷します。

店内イメージ


「スクラップブック」タブをクリックします。

の「ヘルプ」をクリックすると、[スクラップブックの印刷]について詳細な説明があります
   
「プレビュー」をクリックすれば、印刷内容を確認できます。      
灰色の■が表示されて、写真が表示されない場合。 
※基本設定で「印刷プレビュー」の「写真位置表示枠を使用する」のチェックをはずしてください
ツールの「基本設定」→「マルチメディア」→「印刷プレビュー」で「写真位置表示枠を使用する」のチェックをはずしてもOK
ここにチェックが入っていると、写真の印刷はできますが、「プレビュー」では灰色の■になってしまいます。
「ページ設定」。個人の概要の印刷の場合は「縦」のまま

前の画面で青くなっていた人が最初の人になります。
別の人を選択したければ、「検索」 をクリックします。 きます。
RIN番号が分かれば,それを入力して,「OK」をクリックします。
わからなければ、「個人リスト」 または「子孫リスト」 をクリックして個人を探してください。 「プレビュー」で確認 
  
「スクラップブックオプション」で表題や写真の説明、枠を設定できます。いろいろ試してください。「プレビュー」で確認

ページごとのアイテム数で、1ページに表示する写真の枚数を設定できます。
横、2枚。縦、2枚がお勧めです。それ以上多いと写真が小さくなってわかりにくいです。(印刷例は、横、2枚。縦、2枚)
入力のときに入れた情報源や注釈を印刷できます。「プレビュー」で確認

ここをクリックするとタイトルを自分で付けたり、修正できます。
既定では「スクラップブックのページ」ですので「アルバム」などになおすといいでしょう。「プレビュー」で確認

ここをチェックしておくと  印刷ボタンをクリックすれば、保存先を聞いてきます。
保存は、Word文書でされます。テキストファイルとリッチテキストフォーマットファイルを使うことができます。
   
確認が終わったら、このボタンで印刷が開始されます。にチェックがあると保存されます。

「フォント」ボタンで好きな書体が選べます。各項目を選んでください。お勧め(MSゴシック)

次は、カスタムレポートの作成と印刷についてです。

戻る >   < 次へ