神殿の儀式の印刷

*注意 現在 神殿の儀式の印刷の仕方が変わっています。



神殿で儀式を受けるために、家族ファイルの儀式カードの印刷の仕方を説明します。

神殿の儀式要請をして、予約のまま、印刷した状態だと、有効期限が2年間です。
有効期限が過ぎて、予約が解除されてしまうと、あらためて予約をし直さなくてはなりません。
それを防ぐために、儀式申請したら、その場で、神殿と共有しておいてください。、

神殿の参入日が決まってから、儀式カードを印刷しましょう。

儀式ができず、次の参入日が決まっていない場合は、その儀式カードを破棄して、神殿と共有するに戻しておいてください。
儀式カードの紛失や有効期限切れを防ぐためです。

詳しくは、2年経過した儀式予約の解除(ファミリーサーチブログ)を参照してください。


儀式カードの印刷の仕方

印刷したい個人をチェックします。「共有する」をクリックし、「神殿との共有を解除する」を選択します。、


共有をしない項目にチェックが入っていますので、共有をのこしたい場合はチェックを外します。
神殿との共有を解除するをクリックします。


「印刷されていません」に表示されます。マークの色が黄色に変わりました。
印刷したい人をクリックしますが、全員の場合は氏名の横の○をチェックすると、全員にチェックが入ります。

印刷をクリックして、「家族ネームカードを印刷する」を選択します。


選択しない儀式がなければ、そのまま、続けるをクリックします。


印刷を続けるをクリックすると、新しいタブにPDFファイルが表示されます。
これを印刷します。1枚に3つの儀式カードが印刷されます。ハサミで切って使います。

すでに終了している儀式は、日付と神殿名が印字されています。
下記の番号を神殿に持っていけば、印刷してもらえます。


「印刷されましたか」が表示されます。印刷の注意事項が書かれているので、読んでください。
「はい」をクリックしてすすみます。

「印刷されていません」から「印刷済み」に移りました。マークの色が濃い緑に変わりました。


ここで注意してほしいのは、有効期限です。印刷日ではなく、予約日から2年間です。

2017年10月1日以前に予約した儀式の有効期限は、すべて、2019年10月1日になっています。
神殿と共有している場合は、有効期限はありませんが、家族ファイルにすると、有効期限が表示されます。

2019年10月1日以降、予約した儀式がどうなるのか、予約が解除されてしまうのか、
いまはわかりませんが、神殿ファイルも一旦解除して予約をし直していくと間違いないと思います。


夫婦の結び固めのカードを印刷するときの注意

夫婦の結び固めの儀式は他の儀式とは独立しています。
家族ファイルでは、夫婦とも、バプテスマ、確認、イニシャトリ、エンダウメントの儀式を終了してから受けなくてはなりません。

カードを印刷するときは、必ず、チェックが必要です。

下記の2組の夫婦は、結び固めの儀式カードが印刷できます。しかし、印刷はできても儀式ができない夫婦がいます。


それは、まだ、他の儀式(親子の結び固め「SP」以外)が終わっていないからです。

この画面だけではわかりませんので、チェックしたい個人にカーソルをあてて、クリックしてください。
下記の人は、終了しています。


次の人はどうでしょうか?まだ、エンダウメント「E」が終了していないので、夫婦の結び固めは受けることができません。


夫婦の結び固めの儀式受けたい「夫と妻」すべてで、このチェックをしてください。
このチェックをしないでカードを印刷し、神殿で儀式をして無効になる方がいます。

夫婦の結び固めの儀式カードは、参入日が決まってから、チェックをして可能な夫婦を印刷してください。

次は、メッセージについて説明します。

戻る >   < 次へ