先祖の戸籍謄本・除籍謄本・改正原戸籍をとりましょう

役所で取得できる謄本には、種類があります。

謄本の種類 手数料 説 明
戸籍謄本 450円 現在生存している人の戸籍の原本で、家族全ての事項が記載されたもの。
戸籍抄本 450円 その戸籍全員の記載ではなく、1人または2人以下の事項を記載したもの。系図には必要ない。
除籍謄本 750円 結婚や死亡、転居などで1つの戸籍全員がその戸籍から抜けた場合に、戸籍簿からはずして別に除籍簿として保存された謄本。古い除籍は家単位で傍系を含めたたくさんの名前が記載。
改正原戸籍 750円 戸籍を作り直した場合の古い戸籍。戸籍はその時代の流れによって横書きが縦書きになり、用紙の質が変わり、単位が家単位から家族単位に変わったりなど、戸籍はいろいろ変化してきた。結婚や分家、死亡などで戸籍から除籍された人は☓がつき、新しく作り変えた戸籍簿に記載されない。そのため、戸籍簿、除籍簿だけでは正確な先祖を確定することができず、改正原戸籍を取得し、そこで初めて連続した戸籍がそろう。改正原戸籍は大正版、昭和版、平成版があり、非常に複雑で、地方によってその時期が変わりますので取得には注意が必要。

*謄本は、現在、直系先祖のみ取得できます。

まず、父親の戸籍から取り始めます。

父親、祖父等の本籍がある市区町村役場を調べます。市町村統合が行われていますので必ず確認します。  

1.直接、本籍地の市役所(町村役場)に行く

出来るだけさかのぼってそこで取れるだけの謄本を取りましょう。

戸籍謄抄本等請求書に、父親又は直系先祖を戸籍筆頭者とし、本籍を書いて請求します。
請求理由は、「相続手続き等のため」としてください。窓口で「入手可能な全ての直系先祖の謄本がほしい」と告げます。 

2. 遠隔地の場合、郵送で請求 (各市区町村によって請求方法に違いがありますから、請求前に電話やHPで確かめます。)

各役所のHPには郵送の請求用紙が記載されています。ダウンロードして、必要事項を記入します。

認め印、電話番号(平日9時~5時に連絡の取れる電話や携帯の番号)を記入
本人確認のため運転免許書などのコピーが必要な場合もあります。

  返信用封筒(住所、名前を明記)と82円切手 (多数取れるときは大きな封筒に250円を貼付せずに同封するといいでしょう。)
  手数料の郵便定額小為替 (多数取れるときは3,000円位同封しましょう。)不足のときは請求してくださいと記載しておけばいいです。


取得した謄本から、更に、謄本を取得して集めましょう

取得した謄本から、祖父、曽祖父などの名前・本籍地を調べて、その市町村役場に請求します。

届いた謄本から、さらに先祖の謄本を請求していきます。取得できる限りとっていきます。

ただし、取得できる謄本は、直系先祖のみです。
傍系に関しては請求できませんので、直系子孫の方を知っていたら、家族歴史を調べていることをお知らせして、取得をお願いしましょう。

 

戻る >    < 次へ