ファミリーツリーの姓名の入力

ファミリーツリーへの入力は、殆どがコピペ入力ですが、姓名は直接入力する箇所があります。

ファミリーツリーとPAF5.2の2画面を表示して入力します。

家族であれば同姓なので、入力した姓の漢字やカナをコピーすれば、クリップNOTEに表示され、以降はそれをクリックすると貼り付けできます。


姓名が判明している人

PAF5.2の情報から、ファミリーツリーに入力します。

 

1.漢字の姓名を姓、名別の欄に入力(直接入力でも、コピペでもよい)

2.カナは、PAF5.2に入力していないので、直接入力。

全角ひらがなで入力して、「F7」キーか「無変換」キーをクリックすると、全角カナに変換されます。

読み方のわかりにくい名前や、読みが多数ある場合にはPAF5.2に入力しておくと、ファミリーツリーに入力するときに便利です。
読み方がわからない場合は、「音読み」を基本にして入力してください。


3.カタカナを入力すると、ローマ字に自動変換されます。

自動変換されない時は、変換されていないカタカナにカーソルをあて、クリックすると、自動変換されます。


名前のみ判明している人

PAF5.2の情報から、姓を、空欄にして、名前だけを入力します。

カナには、全角ひらがなで入力し、「F7」キーか「無変換」キーをクリックすると、全角カナに変換されます。

* 戒名も名前として扱います。名の欄にコピペしましょう。

名前のみわかっている配偶者はファミリーツリーで間違って表示されていることが多いので、必ず、入力が正しいかチェックしてください。

1.姓の欄に入力されている

「久恵」は間違っていないように見えますが、編集をクリックすると、名前が姓の欄に入力されていました。名前の欄に直さなくてはいけません。

 

2.姓と名前に分けられて入力

名前が3文字以上の場合によく見られます。

「イサヨ」は姓に「イサ」、名に「ヨ」が入力され、カタカナは入力されていません。

名前の欄に入力しなおさなればなりません

 

3.夫の姓と夫人が付けられている

夫の姓の後に、名前、接尾辞に夫人が入力され、おかしな名前になっていることもよくあります。

「サカエ」は姓に「大野」、接尾辞に「夫人」が入力されているので、名前だけを入力しましょう。


PAF5.2と照合しながら作業すると、ファミリーツリーの入力の間違いを見つけることができるので、訂正ができやすくなります。


名前が不明な妻は、夫の姓名の接尾辞に「夫人」を付け加える

妻の名前がわからない時は、夫の姓名を入力し、接尾辞に「夫人」と入力します。

カナとローマ字の接尾辞には入力しません。

PAF5.2では名前に続けて「夫人」を入力しましたが、ファミリーツリーでは「接尾辞」に入力します。

 

妻の名前だけわかっている時は、夫の名前を入力することはできません。


姓のみ判明している人

PAF5.2には、わかりやすいように名前のところに、「続き柄」を入力しています。(/鈴木/長男 /鈴木/三女 など。)

しかし、ファミリーツリーは、姓のみ入力します。

接尾辞に「息子」「娘」は入力しません。入力されていたら、削除してください。

「息子」「娘」を入力していなくても、神殿儀式カードには、「息子」「娘」が印刷されます。


養子、婿養子などで姓が変わった場合

PAF5.2には、養子であることがわかるように、「新しい姓」 を先に、「古い姓」 を後に入力しています。(/尾崎又は近藤/豊吉)

しかし、ファミリーツリーでは、この表記はしなくなりました。新しい姓を入力します。

「尾崎又は近藤 豊吉」は、姓名に「尾崎 豊吉」と入力します。

*出生時の姓の名前は、「そのほかの名前」の情報の追加をクリックし、一番上の、「ほかの名前」をクリック

 

「出生時の名前」を選択して、旧姓を入力し、保存をクリックします。


下記のように表示されます。これで、新姓でも旧姓でも検索されるようになりました。

 

「そのほかの情報」の欄に、生涯の名前と同じものがいくつか表示されていることがあります。
必要ありませんので、削除してください。


名前を改名した場合

PAF5.2には、改名したことがわかるように、「新しい名前」 を先に、「古い名前」 を後に入力しています。

ファミリーツリーでは、この表記はしなくなりました。新しい名前だけを入力します。

*改名前の名前は、姓が変わったときと同様に、「そのほかの名前」に入力します。

「養子、婿養子などで姓が変わった場合」を参照してください。

 

ファミリーツリーには、PAF5.2に入力している情報を入力するので、効率よく入力できます。

次は、ファミリーツリーの日付の入力方法です。

 

戻る >     < 次へ