ファミリーツリーの場所の入力

ファミリーツリーへの場所の入力は、謄本に記載されているままの古い地名(日本は入りません)を入力します。

市町村までで、番地までは入力しなくても構いません。現在の地名に直す必要はありません。

親族であれば、同一地名が多いです。でも、ファミリーツリーに直接入力する場合は、履歴が使えないので、いちいち入力しなくてはなりません。

PAF5.2の場所の入力は履歴が使えるので楽です。すでに、PAF5.2に入力済みであれば、コピペするだけで入力できます。

注意! 場所は、標準化した場所が必要になりましたので、全ての死者で修正しなければなりません。


追加の画面で入力する場合

ファミリーツリーとPAF5.2の2画面を表示します。

PAF5.2から出生地をコピーして、ファミリーツリーに貼り付けます

以下に標準の地名の選択肢が表示されますが、選んではいけません。すぐ下のグレーの入力した地名を選択します。

すると、入力した地名は残され、一番上の選択肢の地名が、標準の地名となります。

 

ところが、入力した地名を選ばないで、標準の地名を選んでしまうと、地名は、郡や県名など、アバウトな地名になってしまいます。


この地名では、融合はできません。個人を特定することが難しいからです。


選択肢に正しい地名が表示されない場合

古すぎる地名を入力すると、選択肢に正しい地名が表示されないときがあります。

その時は、改正された地名を入力します。「この情報が正確である理由」に古い地名を入力しておきます。

 


標準化されていない場所を訂正

ファミリーツリーには標準化された場所を入力するようになりました。

標準化された場所を入力していないと、神殿の儀式ができません。点線で囲まれています。


過去に入力したほとんどの場所は、標準化された地名ではありません。すべて、チェックしましょう

標準化されていない場所には、赤でビックリマークが付けられています。

編集をクリックして、標準化された日付と地名を選択しましょう

 

 

場所を標準化すると、神殿の儀式が表示され、儀式ができるようになりました。

 

次は、結婚情報の入力です。

戻る >     < 次へ