儀式を家族または友人と共有する

家族といえども、アカウントが違えば他人と一緒です。
家族が神殿の儀式要請をしたら、その家族しか神殿の欄で確認できません

儀式カードを印刷する時、
夫のアカウントで3名。妻のアカウントで5名。子どもので5名申請していたら、一度に印刷はできません。

1つのアカウントで神殿儀式を要請しておけば、人数も儀式の種類も進捗状況も把握できます。
神殿に行くときに、儀式カードを印刷するときにも、必要な個人をすぐに選び印刷できます。

ただし、儀式の申請者は誰が印刷しても、サインインした家族の名前になるので、所属ワードの数にはなりません。

自分の名前で儀式カードを作成したい時は、「家族または友人と共有する」を使いましょう。
一度に送ることができる数は、45です。

:ここでは、3人のバプテスマと確認の儀式を送ってみます。

移したい個人にチェックをすると、の「共有する」が青くなります。神殿との共有を解除するをクリック


バプテスマと確認だけ送りたいので、それ以外の儀式のチェックを外します。


神殿との共有が削除されました。

送りたい人にチェックを入れ、共有するをクリックして、家族又は友人と共有するを選択します。


あなたの名前、受信者の名前、設定で登録したメールアドレスを記入して送信します。
登録されていないメールアドレスでも送信はできますが、儀式の移行はできないので注意してください。


有効期限は2週間ですので、送りたい家族にメールが届くことを伝えておいてください。


神殿の表示が変わりました。名前の横にメールのアイコンが付いて、右には送信した人の名前と有効期限が表示されました。、


家族にメールが届きました。メールを開き、「神殿儀式の名前を確認する」をクリックします。ファミリーサーチが開きます。


ファミリーサーチが開くので、サインインします。下記が表示されるので承諾します


神殿の欄に、3つの儀式が追加されました。送った人の神殿の欄からは、3人の儀式が削除されました。


この方法を使えば、家族だけでなく、友人にも儀式を依頼することができます。有効活用しましょう。

次は、クリップボードを使用について説明します。

戻る >    < 次へ